波長が合う恋愛、もっと自分の気持ちを分かってほしい?

恋人を後から抱きしめる男性

もっと自分のことを理解してほしい?

もっと自分の気持ちを分かってほしい?

いやいや、80%で充分です。

波長の合う恋愛を壊さないことが大切です。

スポンサーリンク

もっと自分のことを理解してほしい?それ贅沢です!!

お互いのことが80%分かりあえれば、波長の合う恋愛だと言えます。

付き合い始めは遠慮の気持ちがあり、相手に多くは望みません。

少しくらい違和感があっても気にならないし、「あれっ?」と思うような相手の言動も恋心で消えてしまいます。

楽しい時間が流れます。

しかし、ラブラブを感じる期間が過ぎると、お互いの自我がぶつかり合うようになります。

「もっと自分のことを理解してほしい…」「もっと自分の気持ちを分かってほしい…」と思うようになります。

愛するが故に、もっと自分を深く知ってほしいと思うようになります。

その気持ちは自然なことですが、相手のことを100%理解するのは難しいことです。

相手の心の隅々まで知りたいと思っていると、良い縁はいつの間にかに変容してしまいます。

分かって貰えないイライラ、もっと知りたいという焦りが募り、縁を引き裂こうとする小悪魔が心に憑依するようになります。

その小悪魔に対抗するには、自分自信の思いを抑えるしかありません。

自分のことを100%分かってほしいと思っても、どだい無理なことです。第一、自分自身も100%分かっていません。

同じように相手のことを全て知りたいというのも無理な話です。

相手の何を知りたいのでしょうか?

相手の行動を知りたいのでしょうか?

相手の本心を知りたいのでしょうか?

相手を必要以上に知りたいということは、結局は自分の気持ちの押し付けでしかありません。

気持ちを数字で表すのも難しいですが、お互いに80%分かり合えたとしたら、かなり良い縁だと思います。波長の合う恋愛だと言えます。

波長の合う恋愛を数字で表現すると、付き合い始めが60%、そして恋愛を重ねていくうちに70%、80%と高まって行きます。

そして、時間をかけながら、ゆっくりと残りの未知の部分を埋めて行きのが理想ですかね。

どんなに良い縁でも、そして、どんなに波長が合う二人でも、誰かを愛したら、その縁を育てて行くのには時間が必要です。

自分の気持ちを1つずつ伝え、相手の気持ちを1つずつ理解することです。

焦りで早急に求め過ぎれば、良い縁も消えてしまいます。

「愛すること」と「求めること」のバランスを取りながら、二人の愛を深めていくことが心願成就の秘訣だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です