彼に相応しくない?その思いが恋人との別れを招きます。

a0002_004054

私は美人でもないし、才能があるわけでもないし、普通の女性…。

でも、彼はエリートであり、スポーツマンであり、格好がいい…。

そんな時に「私は彼に相応しくない」と劣等感を感じてしまいます。

劣等感はネガティブな想念です。

ネガティブな想念は、更なるネガティブな想念を生みます。

彼とデートをしていても、そのネガティブな想念が顔を出すと、ひょんなことから大喧嘩になります。

大喧嘩が続けば、「俺たち性格の不一致だね」と別れを招くことにもなります。

注意したいですね。

ちょっと意識を変えるだけで、180度違う展開へ進めることをできます。

誰にでもコンプレックスの1つや2つはあります。

そこに拘っていたり、そのことで落ち込んでいる暇があれば、意識を変えることです。

もし「彼に相応しくない」と思ったら、ちょっと冷静になって気分転換です。

Sponsored Link
信じられない!98%の鑑定満足度とは?
エキサイト『電話占い』

恋愛で劣等感を感じた時の気分転換の秘訣

「私は彼に相応しくない」と劣等感を感じたら、「こんな私なのに、付き合ってくれて有難う」と心の中で呟いてみましょう。

例え、どんなに美人でも、どんな才能がある女性でも、人と付き合う時は、どこかで相手に迷惑をかけています。

迷惑をかけ合うことが、人とかかわることです。

だから、「こんな私なんかと…」と自分を卑下することはありません。

自分を卑下することは、自分の弱さからくる甘えでしかありません。

「いや、そんなことはない。君は素晴らしいよ。」と相手に言ってほしいだけかも知れません。

そういう想念を持っている人は男性でも女性でも輝きません。

彼が貴方を付き合っているということは、どこかに貴方に魅力を感じているからです。

だったら、その魅力を意識するば良いのではないですか?

自分の短所でなく、長所へ目を向けることです。

彼が「君と一緒にいると癒されるよ」と言ったのなら、彼の癒しの存在でいられるように、明るい笑顔でいればいいのです。

人間は完全ではありません。

どこが欠けています。

自分の掛けている部分を補うために、自分の良い部分を伸ばす努力をすることです。

コンプレックスがあっても、それを受け入れてポジティブになった時、人は美しいオーラを放ちます。

魅力的な人間となります。

そして、二人の関係もより素晴らしいものへと展開します。

長所を伸ばすことは、愛される女になる秘訣です。

そして、いつも笑顔でいることが、愛される女の条件です。

更には、幸せになる秘訣です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です